祖母の大きな熟れ尻に夢中になってしまった孫息子は割れ目にイチモツを押し付ける

スポンサーリンク
スポンサーリンク
六十路
六十路


両親が旅行に出かけるので田舎に住む祖母が面倒を見に家に来てくれた。いつも優しくて楽しい祖母と過ごすのはとても楽しい。

「六十路祖母の卑猥な熟れ尻」
祖母として接していたはずなのに豊満などっしりした体型にオンナを感じてしまい股間が反応してしまう。大きな熟れた柔らかい尻に欲情してしまい祖母の割れ目に顔を押し付け舐め回すと意外にも感じてしまう祖母。突然の孫の行動にオンナが蘇ってしまった祖母は孫に口止めをしてその若いイチモツを咥え、まだ童貞の孫に優しくセックスを教える祖母は熟れた卑猥な尻を孫の顔に押し付け舐め方までも丁寧に優しく教えたのだった。
本編はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました