六十路になってもバイブでオナニーしたあとは若い男に跨って腰を振るすぐに入れたくなる熟女

スポンサーリンク
スポンサーリンク
六十路
六十路


なんて淫乱な熟女なんでしょうか・・。六十路になってもオナニーはやめられないし、すぐに男のチンポを入れたくなってしまうのです。



自慢の巨乳を男に見せつけながら徐々に硬直した股間に近づいていく。その若くて元気なチンポを目の前にしてとても嬉しそうな表情を見せながら唾液たっぷりのフェラチオを開始。隅々まで舐め終わる事にはオマンコもびしょ濡れに。そんなドロドロのオマンコにチンポを入れたくて入れたくて我慢できない熟女は男に跨り挿入してからすぐに腰を激しく振り始めるのでした。

タイトルとURLをコピーしました