普段は清楚で優しいお母さんが完熟の肉体を持て余し息子のイチモツを一心不乱でしゃぶり尽くす

スポンサーリンク
スポンサーリンク
五十路
五十路

「ちょっ…母さん!?清楚な顔した性獣母さん 息子相手に欲情する、ガマンできない五十路母36人8時間」
熟れた完熟の肉体を毎日のように持て余している五十路熟母。欲求不満で性欲が爆発してしまった淫獣の五十路母が禁断の息子の股間へと手を伸ばしてしまう。イキリ勃った息子のイチモツを問答無用で咥え一心不乱にしゃぶりまくる。快感に覆われて理性を失ってしまった五十路母は息子の硬いイチモツでガン突きされて何度もきを失うほどイキまくる。清楚な雰囲気の母親が実はこんなにもスケベだったなんて・・・・息子はショックを受けるよりもこの淫獣になってしまった母親のオマンコを何度も何度も突き上げ大量のザーメンを流し込んだのだった。

続きはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました