息子にオマンコを舐められなす術がなくなりおもいっきりオマンコを濡らしてしまう巨乳熟母

スポンサーリンク
スポンサーリンク
五十路
五十路


ダメだと拒否したのにオマンコを舐められたらもうあまりの気持ち良さでどうにでもなれと思ってしまった巨乳熟母なのでした。



欲求不満な体なのでそれはそれはオマンコを舐められたら気持ち良すぎることでしょう。セックスをする機会がないので時々オナニーをして体を癒すことが日常だったのに、息子にこんなに激しくクンニや愛撫をされたら体の芯から溶けてしまいそうになるのでしょう。溢れそうな柔らかい巨乳も久しぶりに触ってもらえて体の性感帯が一気に蘇る母親でした。

タイトルとURLをコピーしました