HOME > 五十路 > ゆう君だめよ・・・お母さんの体をそんなにしちゃ・・・




欲情したゆう君はもう母親の露わになったおっぱいに夢中。ピンク色の乳輪と小ぶりなおっぱいがまたイヤらしさを倍増させてしまいます。まだまだスタイルのいいスケベボディーの母親は忘れていたこの快感を思い出し、その日から来る男を全て受け入れてしまう淫乱な姿に変貌してしまったのでした。
関連記事