HOME > 五十路 > SEX大好きな妻の母のカラダがたまらなく気持ちいい


妻の母がムチムチのボディーラインを強調した露出の多い服でお風呂にシャンプーを持ってきたのだった。義母は申し訳ないとばかりに頭を洗ってあげると言い出し、頭以外も洗ってもらいヤスオはボッキしてしまう。そんな恥ずかしい事を思い出しながら義母を想像しながらオナニーをする日々。妻がしばらく家を空けるというのでなんと義母と二人っきりの生活が始まったのだった。最初は緊張していたのだが、思い切ってボッキしたペニスを義母の顔の前に出してみると美味しそうにしゃぶるではないか。そう、二人ともお互いのカラダが気になっていたのだ。そして念願のSEXをしてからというもの、義母のムチムチのおばさん体型のカラダの気持ち良さを忘れる事が出来なかった。
関連記事

Rss

Twitter

Contact

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: