HOME > 五十路 > 娘の夫とセックスがしたくてウズウズしていた巨乳自慢の母


もう娘の夫とセックスがしたくてしたくて寝付けることもできない欲求不満な母は、その自慢のおっぱいと尻を強調するかのような露出の多い服を着て風呂で背中を流してあげようとすると、娘の夫もがまんできなくなってしまい勃起したチンポをしゃぶってもらっちゃう。そんなことをきっかけに娘の目を盗んでは娘の夫とセックスを繰り返す淫乱な母親。そんな母の垂れた巨乳と弛んだ熟女ボディーの虜になってしまった娘の夫は、臭そうなオマンコでもジュルジュルと音を立てながら舐めまくり、おっぱいを揉みまくりながら何度もオマンコにチンポを突き刺すのでした。こんなにセックスアピールをしてくる義母が近くにいたら、毎晩楽しみで仕方がないでしょう。
関連記事

Rss

Twitter

Contact

相互リンクサイト
検索フォーム