HOME > 五十路 > 息子の肉棒しか愛せなくなってしまった五十路の母親


もう息子のペニスのことで頭がいっぱいになってしまった母親。隠し持っていたローターを使って息子の股間ばかり妄想しながら熟したオマンコをいじり倒す。そんな夜が明けると我慢できなくなって悶々としていた母親は息子の寝室へ行きまだ寝ている息子のパンツを脱がして欲しかった肉棒をパクッと頂いてしまう。あまりの気持ちよさに息子はされるがままに身を任せ、母親の湿ったオマンコへ手を伸ばしてしまう。二人で一度快感を味わってしまってからはお互いのオマンコと肉棒が欲しくて我慢できない獣のような変態SEXへ溺れていくのであった。
関連記事

Rss

Twitter

Contact

相互リンクサイト
検索フォーム